給湯器の取り付けのみを業者に依頼する場合の注意点

給湯器の取り付けのみを依頼する場合の注意点 本体込みの作業と取り付けのみの作業は違う

 

このページでは給湯器の取り付けのみを業者に依頼する場合の注意点について記載しています。

 

給湯器本体をインターネットで購入すると安い

給湯器本体をインターネットで購入すると安く購入することが可能です。安くなる仕組みはテレビやパソコンなどの電化製品を、インターネットで買うか家電量販店で買うかという部分に近い話になります。

給湯器の場合は「今使っている給湯器の代替機が分からない」などの部分があるため、その辺りの選定も任せるという意味で施工業者に一任するケースが多いですが、自分で給湯器本体を用意するのであれば金額面では安くなることが多いです。

関連記事給湯器をネットで買うとなぜ安いか

 

給湯器の取り付けのみを業者に依頼する場合の注意点

本体込みの作業じゃなければ引き受けてもらえない可能性がある

給湯器の交換業者は、給湯器本体の販売と取り付けの両方から利益を得ています。ユーザー側で給湯器本体を用意されてしまうと、利益は取り付け作業からしか得ることができません。

これに対して「割に合わない」と判断する業者もいますし、ユーザー側で本体を用意している場合は「必要部材が全部そろっていない可能性がある」等のトラブルが少なくないため、業者によっては「取り付け作業のみの場合は依頼を断る」というケースがあります。

 

給湯器交換の見積もり通りの作業料にはならない

とある業者に給湯器を交換する見積もりを貰い、ユーザーがその見積もりを参考に給湯器本体だけを用意するというケースは非常に多い事例です。

この時、見積書に記載されているのは「給湯器本体の販売込みの取り付け作業料」であるため、ユーザーが本体を用意してしまうと見積もりの内容は成立しなくなります。

ユーザー側は「この見積書にある取り付け作業料でやって欲しい」という考えを持つと思いますが、それを承諾してくれる施工業者は少ないでしょう。

 

給湯器本体を用意する前に取り付けだけを引き受けてくれる業者を探す

時期や業者の忙しさなどにも左右されるかと思いますが、取り付けだけを引き受けてくれる業者ばかりではありませんし、仮に引き受けてくれたとしても取り付けのみの場合の作業料は安くないことが多いです。

さすがに全部任せた場合よりも高くなるということはないとは思いますが、業者によっては「これなら最初から全部任せておけば良かった」というような価格差に落ち着くことも珍しくありません。

給湯器本体を用意する前に、まずは取り付け作業だけを引き受けてくれる業者を探し、その場合の取り付け作業料金を事前に確認しておくことをおすすめします。