リンナイ給湯器エラー632|ふろ水流スイッチの故障

リンナイ製給湯器のエラー632は「ふろ水流スイッチの故障」のエラーです。

このページではエラー632の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

 

エラー632の内容

ふろ水流スイッチの故障とは、おいだきの水流スイッチの異常を検知した時に表示されるエラーです。

 

エラー632の考えられる原因

  • ふろ水流スイッチの故障、経年劣化の可能性があります。
  • 循環アダプターの汚れ等が原因で、お湯が吸い込めずにエラー表示している可能性があります。
  • ユーザーの使用ミスの可能性があります。

 

エラー632が出た場合の対処法

空焚きしていないか確認

給湯器の種類によっては、浴槽が空の状態で追いだきボタンを押すとお湯張りに切り替わりますが、お湯張りに切り替わらない機種はエラー632を出して停止します。この場合は電源を入り切りしてから再試行してください。

フルオートなら自動運転に切り替わりますが、オートなら632を表示して運転が停止します。

 

循環アダプターを掃除する

循環フィルターにゴミが詰まっている状態だと、追い炊き動作時に水流が作れないことがあります。この状態だと水流スイッチがONにならないため、エラー632が表示されることが多いです。

循環アダプターの構造は種類によって異なりますが、フィルターの外し方等はユニットバスの取扱説明書等をご覧ください。以下に給湯器の取扱説明書に記載されている部分を抜粋して掲載しています。よろしければ参考にしてください。

 

 

凍結の可能性がある場合は浴室全体を暖める

凍結の可能性がある場合、氷が溶けなければふろ水は循環しません。気温が上がるのを待つか、追い炊き配管を温めるかになります。

浴室乾燥機を使用するか、浴室に暖気が流れ込むように簡易ストーブを設置するか、浴槽に熱めのお湯を落とし込むなどすれば、追い炊き配管の凍結が改善される可能性があります。

 

もし使用ミスでもなく、循環フィルターを掃除しても改善せず、追い炊き配管が凍結している可能性もなければ、直ちにメーカーに連絡してください。