ガス給湯器の16号、20号、24号の号数の違い

ガス給湯器の交換時期を迎え「ガス給湯器の16号、20号、24号の号数の違いで何が変わるのか」が知りたい人に向けた内容です。

 

ガス給湯器の号数は燃焼能力

号数の違いは燃焼能力の違い

ガス給湯器の号数は燃焼能力です。燃焼能力は一度に作ることができるお湯の量を指します。数字が高ければ高いほど燃焼能力が高く、お風呂が沸くスピードが速くなったり複数の蛇口で同時にお湯を使う時に便利です。

一般家庭用の給湯器は16号、20号、24号の3タイプです。ホテルや病院には50号の給湯器が設置されていたり、浴室に設置されているバランス釜は10号程度の能力を持っています。

 

号数は「水温+25℃のお湯を1分間に何リットル作れるか」

給湯器の号数は適当に数字を割り当てているのではなく、ちゃんとした意味を持っています。

号数=水温+25℃のお湯を1分間に何リットル作れるか

  • 16号:水温+25℃のお湯を1分間に16リットル出湯する能力
  • 20号:水温+25℃のお湯を1分間に20リットル出湯する能力
  • 24号:水温+25℃のお湯を1分間に24リットル出湯する能力

 

24号と16号で比較すると1分間当たりに8リットルほどの出湯量の差があります。一般的な浴槽には200L前後のお湯が入るので、特に冬期間のお風呂を沸かす場面で燃焼能力の違いを感じることになるでしょう。

あとはシャワーを使っている時に台所でもお湯を使うという場面が多い場合は、号数が高いガス給湯器を選んだ方が便利です。

 

ガス給湯器の号数の選び方

リンナイ - ガス給湯器の号数の目安

リンナイ – 号数のめやす

 

給湯器業界では「4人家族なら24号、2人なら20号、単身世帯なら16号」という目安でおすすめしています。ただしこれはメーカーが推奨しているだけで、4人家族で16号を使用している家庭もたくさんあります。

「複数の箇所で同時にお湯を使う」という場面がなければ、あとはお風呂を沸かすまでの時間くらいしか差がでないため、使用環境によっては低い号数でも問題ないです。

 

号数のアップグレードとダウングレード

ガス給湯器の交換を検討するうえで、なんとかして初期費用を抑えたいと思った場合に号数のダウングレードを検討する人も少なくありません。そこで号数ごとの大まかな金額について紹介します。

 

リンナイ - RUF-Eシリーズ小売り希望価格

 

  • 16号:380000円
  • 20号:408000円
  • 24号:430000円

 

リンナイのRUF-Eシリーズで比較してみると、号数が1ランク変わるごとに約20000円~30000円の金額差があります。ただしこれはメーカーの希望小売価格のため、実際にはもっと安くなります。

仮に70%OFFの施工業者に依頼したとして、20000円~30000円の金額差は6000円~9000円です。1万円弱の金額を抑えるために、この先10年間に渡って不便な思いをしなければならない可能性を考えたら、あまりおすすめしません。

それから給湯器の機種によっては排気筒のサイズが異なるため、号数を変更する場合に交換作業がスムーズにいかない場合があります。せっかくダウングレードを決意して本体価格を抑えても、その分で作業料が高くなってしまっては意味が無いので、できれば施工業者に複数の見積もりを出してもらうのがおすすめです。