外装がステンレス製の石油給湯器を選ぶメリット

このページでは、外装がステンレス製の石油給湯器を選ぶメリットについて記載しています。

 

外装がステンレス製の石油給湯器を選ぶメリット

ステンレスは腐食に強いため、雨風にさらされる屋外に設置しても安心感が得られます。

基本的に屋外式の給湯器はステンレス外装でなくとも10年程度は問題なく使用できるのですが、海岸沿いのお家の場合は塩害などによって外装部がボロボロになってしまうことが少なくありません。

そのようなお家ではステンレス外装の給湯器を採用することで、耐用年数いっぱい安心して使用できるでしょう。豪雪地帯で軒下に給湯器があって、屋根からの水が当たりやすい等の事情がある場合にもおすすめです。

 

ステンレス外装の給湯器の本体価格

ノーリツ - OTQ-C4706SAY

 

上記はノーリツ製石油給湯器OTQ-C4706SAYの標準外装とステン外装です。ステン外装の方が希望小売価格で15000円ほど高くなっています。

あくまで希望小売価格であり実際の取付費用となれば値引きがあるため、ここまで金額差が開くということはないでしょう。

 

外装部がボロボロになった場合の買い替え候補におすすめ

通常であれば10年の使用で外装部がボロボロになることは考えにくいため、使っていた給湯器の外装部がボロボロだという場合は何かしらの原因があってそうなってしまった可能性が高いです。

海岸沿いの場合は腐食が激しくなってしまうため、できれば屋内式の給湯器を採用してもらうのがいいのですが、どうしても外に設置しなければいけない理由がある場合はステンレス製の給湯器を採用してみてはいかがでしょうか。