石油給湯器の直圧式と貯湯式の違い

石油給湯器の交換時期を迎え「石油給湯器の直圧式と貯湯式の違いで何が変わるのか」が知りたい人に向けた内容です。

 

直圧式と貯湯式の違いは「お湯の作り方」の違い

  • 直圧式:お湯を使おうとした時に必要な分だけお湯を作る
  • 貯湯式:給湯器内部のタンクに常にお湯を作って貯めておく

 

お家にあるお湯の蛇口を開けてお湯を作る場合、蛇口を開けた瞬間にお湯を作るのが直圧式で、既に作ってあるお湯を出すのが貯湯式です。

直圧式給湯器の多くは電源を入れてからすぐにお湯が使えますが、貯湯式給湯器の場合はお湯ができるまで待たなければなりません。貯湯式給湯器は自動的に水を補充してくれる大容量のケトルのようなイメージです。

 

直圧式と貯湯式のメリット・デメリットを比較

水圧が強いのは直圧式

水圧が強いのは直圧式です。貯湯式給湯器を使用していて「シャワーの水圧が弱い」と感じる場合は、直圧式への変更を検討してみてください。

貯湯式は減圧弁を搭載することが必要なため、どうしても水圧が弱まってしまいます。直圧式の場合は、水の蛇口を開けたときとお湯の蛇口を開けたときの水圧が一緒なので、強いシャワーが浴びたいという人は直圧式がおすすめです。

 

直圧式は温度が1℃単位、貯湯式は大まか

直圧式は40℃のお湯をピンポイントで設定することができます。一方で貯湯式は1~7までの数値によって温度設定をしなければならないため、40℃ぴったりのお湯を作るということは難しいです。

貯湯式の最も多い使い方は「給湯器では火傷するような熱いお湯を作って、それに水を混ぜてちょうど良い温度をユーザーが探す」という方法になります。

 

直圧式は壁掛けか据え置きか選べる

直圧式の給湯器なら、壁掛けタイプにするか据え置きタイプにするかが選択できます。貯湯式の場合は、内部に大きなタンクがあって高重量になるため、据え置きタイプしかありません。

関連記事壁掛けタイプと据え置きタイプの違い|メリットとデメリット

 

貯湯式は故障しにくい

直圧式と比較すると貯湯式はシンプルな構造で、水漏れなどの故障にも強いです。井戸水ユーザーにとって貯湯式は大人気で「直圧式だとすぐ壊れてしまうけど貯湯式なら何年も使用できる」というケースも珍しくありません。

関連記事井戸水は給湯器に悪いですか?|地下水と給湯器寿命の関係

 

直圧式と貯湯式の価格差

ノーリツ - 直圧式と貯湯式の価格差

 

同じ燃焼能力で比較すると直圧式の方が高いです。

 

主流は直圧式の給湯器

主流は直圧式の給湯器です。ガス給湯器は直圧式がすべてであるということが物語っているように、直圧式の圧倒的な便利さに人気が集まっています。

貯湯式は安価で丈夫という特徴がありますが、基本的には「ずっと貯湯式を使ってきて慣れている」とか「地域の水質の関係上、直圧式だとすぐに壊れてしまう」というユーザーが多いです。