ノーリツ給湯器エラー760|リモコン伝送異常

ノーリツ製給湯器のエラー760は「リモコン伝送異常」のエラーです。

このページではエラー760の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

 

エラー760の内容

リモコン伝送異常とは、給湯器の基板と操作リモコンの連携がうまくいっていない時に表示されるエラーです。

 

エラー760の考えられる原因

  • メインリモコンが経年劣化、故障している可能性があります。
  • サブリモコンが経年劣化、故障している可能性があります。
  • リモコン線が腐食、断線している可能性があります。

 

エラー760が出た場合の対処法

給湯器の基板と操作リモコンは優先で接続されており、屋外設置型の給湯器であれば外でリモコン線が腐食していることがあります。

リモコン端子台の位置はお使いの給湯器によって異なりますが、壁掛け型なら給湯器本体の底部にビスで蓋がされているボックスがあることが多く、据え置き型は給湯器本体の横側にビスで蓋がされているボックスがあることが多いです。

 

端子台に接続されているリモコン線は銅線であることが多く、外気の影響で腐食していることがあります。この場合は腐食部分を除去してリモコン線を接続し直すことでエラーから復帰する可能性があります。ご自身で対処する場合はくれぐれもショートなどに注意し、自己責任で行うようにしてください。

端子台で腐食が確認できない場合、あるいはご自身で対処が難しい場合は、直ちにメーカーに連絡してください。

 

リモコン端子台の位置

 

エラー760のアドバイス

エラー760でリモコンが故障していた場合、メインリモコンかサブリモコンのどちらかだけが悪いケースが多いです。エラーを出している時は同じ端子台から命令を受けているため、壊れてしまった方のリモコンを取り外せば、もう片方のリモコンを単体で使用することができます。

もし「リモコンが片方しかなくても大丈夫」という場合や「リモコン1つで使用しながら給湯器の交換を検討したい」という場合は、必ずしも壊れたリモコンを交換する必要はありません。その場合はメーカーのサービスマンにご相談ください。