給湯器本体をネット購入して取り付けだけを業者に依頼したい

給湯器本体をネット購入 取り付けだけを業者に依頼したい

 

このページでは、「給湯器本体をインターネットで購入して、取り付け作業だけを業者に依頼したい」という人に向けたアドバイスについて記載しています。

 

インターネットで給湯器を購入するのは最安値

多くの施工業者は給湯器本体の販売価格にも利益を乗せているため、ユーザーがインターネットで購入するのが最安値になるケースは非常に多いです。

特に石油給湯器の場合はガス給湯器ほど施工業者間の価格争いも激しくないため、インターネットを使って本体を購入すると驚くほど安く手に入ることがあります。

 

インターネットで給湯器を購入する際の注意事項

しかし個人がインターネットで本体を購入する場合は意外とハードルが高く、以下のような問題が生じます。

  • 前までの給湯器と同タイプの機種が選定できない。
  • 給湯器本体以外の部材を用意するのが難しい。
  • 施工だけを引き受けてくれる業者が少ない。

 

前までの給湯器と同タイプの機種が選定できない

さすがに屋内型と屋外型を間違うケースは少ないですが、ガス給湯器の場合にガス種を間違えたり、石油給湯器の場合にFF式とFE式を間違ってしまうケースは多いです。

今までとは違うタイプの機種を購入してしまった場合、取り付けることが不可能というケースこそ少ないものの、本来よりも工事費が高くついてしまうケースは十分に考えられるでしょう。

 

給湯器本体以外の部材を用意するのが難しい

給湯器本体にはリモコンが同梱されているものもあれば別売りの機種も存在します。室内型なら排気筒も必要になりますし、給湯配管接続部の径も複数パターン存在します。

特にFF式の場合は排気筒をその場で加工するということが難しく、現場に合った長さの物を用意する必要があるため、仮に施工だけを引き受けてくれる業者が見つかったとしても現場調査後の施工になるはずです。

 

施工だけを引き受けてくれる業者が少ない

給湯器の販売と施工をセットで行っている業者が多く、施工だけをお願いしたいという場合に断られてしまうケースが結構あります。理由として「利益が少ない、機種選定に誤りがあってトラブルになりやすい」などの事情があります。

そして施工だけを引き受けてくれる業者がいても、本体販売込みの作業料と施工のみの作業料は相場が大きく変わることがあります。「見積もりをもらって本体だけ自分で用意した」という場合、その見積書の作業料でやってもらえるとは限りませんし、最悪断られてしまう可能性もあるので注意してください。