賃貸物件の給湯器が故障した際の連絡先

賃貸物件の給湯器が故障した際の連絡先 どこに連絡する?

 

このページでは賃貸物件の給湯器が故障してしまった際に「どこに連絡(修理依頼)するのがいいか」について記載しています。

 

給湯器が故障した際の連絡先(賃貸物件編)

原則は「給湯器の所有者」が連絡する

賃貸物件の場合、基本的には管理会社や大家に対して給湯器が故障した旨を伝え、それを受けて管理会社や大家が修理業者を手配するというのが一般的です。もちろんこれは契約内容に準ずるため、もし「入居中の家庭用設備の不具合は入居者負担」などの契約になっている場合は、この限りではありません。

給湯器に限らず、例えばエアコンが故障した場合や浴室のシャワーが故障した場合など、入居者負担で修繕しなければならないという例は少ないと思います。持ち家じゃないアパートやマンション、一軒家に住んでいるというユーザーは、まずは管理会社や大家など家賃を払っている先に問い合わせてみることをおすすめします。

 

給湯器が自分の所有物であるという場合

非常にレアなケースですが「入居中の家庭用設備のトラブルはすべて入居者負担」などの契約になっている場合、あるいは給湯器は入居する際に自分で購入して設置したというような場合は、ユーザー自身で修理業者を手配する必要があります。

その際は使用している給湯器の製造メーカーに連絡するのが1番スムーズな方法です。

関連記事給湯器が故障した時、どこに連絡・修理依頼すればいい?

 

ただし「シャワーがぬるいから給湯器の業者を手配したら、給湯器の故障じゃなくてシャワーのサーモバルブの故障だった」というような判断ミスがあると、余計に出張料や点検料が発生する可能性があるので注意してください。

この場合は給湯器のメーカーではなく、シャワー水栓の製造メーカーやユニットバスの製造メーカーに連絡をするのが正しい選択となります。

関連記事シャワーだけお湯が出ない、ぬるい時に考えられること

 

賃貸物件の場合、ユーザーの勝手な判断はトラブルの元

賃貸物件の多くの場合は、給湯器やユニットバスなどの家庭用設備はその建物の所有者の所有物であることが多く、経年劣化してきた場合に修理するか買い替えるかの判断をするのは所有者となります。

そのため修理料金や買い替え費用を持つわけでない入居者が勝手に判断してしまうと、大きなトラブルに発展してしまうケースが少なくありません。一刻も早く修理してもらいたい気持ちは分かりますが、まずは管理者・所有者の判断を仰ぐようにしましょう。