シャワーだけお湯が出ない、ぬるい時に考えられること

シャワーだけお湯が出ない、ぬるい 原因として考えられること

 

このページでは、「台所や洗面所は問題ないのにシャワーだけお湯が出ない(あるいはぬるい、冷たい)」という症状について記載しています。

 

シャワー水栓のサーモを「H」にしてみる

シャワー水栓に温調バルブが搭載されている場合、多くの人はそこで40℃前後にしていると思います。給湯器の温度はそのままに、シャワー水栓の温調バルブを「H」にしてどうなるかを確認してください。

これで改善するようであれば、シャワー水栓の温調不具合です。常に「H」にしておけば給湯器で設定した温度のお湯がそのまま出湯される状態になるので、それで不便がなければそのままの状態で使用しても結構です。修理したい場合はシャワー水栓のメーカーに連絡をしてください。

シャワー水栓のサーモを「H」にしても症状が改善しなければ次に進んでください。

 

他の混合水栓から水が逆流していないかを確認する

  • シングルレバータイプの水栓の水側を止水栓で閉じる
  • 洗濯用水栓のお湯側を閉じる

 

水が混ざらない状況を作る

水とお湯を簡単に混ぜられるタイプの水栓(シングルレバータイプ)では、逆止弁の故障などによってお湯側の回路に水が逆流することがあります。どこかの水栓から水が逆流していれば、全身で浴びるシャワーで最も違和感を感じやすくなります。

1つ1つの水栓を順番に調べていくことでどこの水栓に原因があるかが分かります。止水栓を閉じた時にシャワーのお湯が出ないという症状が改善された所の水栓が原因です。

 

各水栓は下のキャビネット部分に蛇口があって閉じることができる場合が多いですが、目に見える範囲に止水栓がなければ水栓の根本あたりにマイナスドライバーで回すことができるパーツがあるかと思うので、そこで止水してもらっても構いません。

どうしても止水栓が見当たらなければ、レバーを完全に水側に倒すという方法でもOKです。

特に多いのはシャワー水栓です。シャワー水栓の場合はシングルレバータイプの水栓でなくとも、お湯と水を混ぜて選択しているというお家が多いので、この場合はお湯側の蛇口を閉じてどうなるかを確認してみてください。

 

原因になっている水栓を見つけたら

その水栓で止水栓を閉じたままにして使用できるのであれば、そのまま使っても問題はありません。水が使えないと不便だというのであれば、水栓のメーカーに連絡してください。

 

給湯器の温調部品の故障

もし給湯器に原因があればシャワーだけでなく全ての水栓で同じ症状になるはずなので、シャワーだけでお湯が出ないというのであれば給湯器の故障とは考えにくいです。

ただし「全ての蛇口で若干お湯がぬるい」という症状の時に、全身でお湯を浴びるシャワーで違和感に気付いたということは考えられるため、その場合であれば給湯器の温調部品の故障が考えられます。