給湯器の温度が安定しない

給湯器の温度が安定しない 考えられる原因と理由

 

このページでは、給湯器の温度が安定しない症状について記載しています。

 

給湯器の温度が安定しない症状

給湯器の設定温度に対して実際のお湯の温度が安定しないという症状は給湯器の経年劣化に多い症状です。一方でユーザーの使い方次第でも起こり得る症状でもあります。

「給湯器の温度が安定しない」というのが出湯温度なのかふろ温度なのかで状況が変わってきますが、以下ではそれぞれのシチュエーションについて簡単に説明します。

 

給湯器の出湯温度が安定しない場合

  • すべてのお湯が出る蛇口でそうなるか
  • 蛇口は全開になっているか

 

給湯器の出湯温度が安定しない場合は、上記の2点を確認してください。

給湯器に異常がある状態であれば、すべての蛇口で同じような状況になります。もし特定のサーモ機能付きの蛇口でしかその症状が確認できない場合は、蛇口のサーモ機能が誤作動している可能性があります。

そして蛇口から出るお湯の量が少ない場合も、出湯温度は安定しません。前回である必要はありませんが、変に出湯量を絞っていて温度調整がおかしいと感じた場合は一度全開にして試してみてください。

関連記事シャワーだけお湯が出ない、ぬるい時に考えられること

 

給湯器のふろ追いだき温度が安定しない場合

  • 循環フィルターに汚れが詰まっていないか
  • 循環フィルターがしっかり装着されているかどうか

 

循環フィルター関連の不具合が出ている場合は「お風呂が設定温度に達していないのに追いだきが止まる」という症状になりがちです。追いだきが止まるまでの時間もシチュエーションによって変わるため、追いだき温度が安定しません。

その場合は浴槽内の循環フィルターに汚れがないかどうか、循環フィルターがしっかり装着されているかを確認してください。フィルターが汚れていたり、循環フィルターが斜めに装着されている場合などはふろ水が上手く循環できず、温度が安定しないことがあります。

関連記事お風呂の温度がぬるい、追い炊きがすぐ止まる時の原因

 

循環アダプターのフィルターお手入れ

 

給湯器部品の経年劣化

上記のいずれにも該当しない場合は、給湯器部品の経年劣化の可能性があります。

給湯器の寿命は7年~10年です。使用年数によっては修理をしても別の箇所がすぐに故障してしまう可能性が高いため、新しい給湯器に交換することを含めて検討することをおすすめします。