給湯器の水漏れを放置するのが良くない理由

給湯器の水漏れ 放置するのが良くない理由

 

このページでは、給湯器の水漏れを放置するのが良くない理由について記載しています。

 

給湯器の水漏れを放置するのが良くない理由

他の故障に繋がったり、お家のブレーカーが作動する可能性あり

給湯器の水漏れを放置する理由として多いのが「今は修理業者を呼ぶ時間もお金もない」ということで修理を先延ばしにしているパターンです。いずれ修理をしようと思っているのであれば、水漏れを放置するのは得策ではありません。

水漏れが発生している箇所にもよりますが、給湯器の上部からの水漏れであれば下の部品に水がかかってしまうリスクがあります。水がかかって腐食する部品が出てくると、その部品も交換が必要になるでしょう。

 

「給湯器はもう修理せずに、使うだけ使ってダメになったら交換する」という場合も水漏れを放置しがちですが、この場合も漏電の可能性は無視できません。

給湯器には漏電安全装置が搭載されているものの、経年劣化による水漏れが発生しているような場合に漏電安全装置が正常に動作しているとは限りませんし、場合によってはお家のブレーカーが作動することになります。

 

 

場合によっては事故に繋がる危険性あり

給湯器の種類によっては、熱交換器の下に排気通路部が設けられているものがあります。熱交換器というのは水がお湯に変わる部分ですが、ここで水漏れしてしまうことで排気通路部に漏れた水が入り込んでしまうことがあります。

排気通路部が水で完全に塞がれてしまうと燃焼後の排ガスが外に排出されないようになり、もし給湯器がお家の中に設置されている場合は一酸化炭素中毒の原因にもなりかねません。

 

空気中の一酸化炭素濃度と中毒症状

日本ガス石油機器工業会

 

このような事故を防ぐため、給湯器にはCOセンサーと呼ばれる一酸化炭素濃度を計測する安全装置が搭載されていますが、上記の表を見れば分かるように一酸化炭素は非常に薄い濃度でも健康被害に繋がります。安全装置を信頼してばかりではなく、ユーザーの心がけが大事です。

場合によっては黒煙の原因にもなり、あまりにも酷い場合は近所の人が火事だと思ってしまい消防署に通報する可能性もあります。

関連記事給湯器から黒煙が出ている時に給湯器内部で起こっていること

 

給湯器の水漏れの修理費用

給湯器の水漏れを修理するには給湯器メーカーのサービスを手配してください(取扱説明書や公式サイトに番号が掲載されています)。

給湯器の水漏れは熱交換器の水漏れの場合は高額修理になりますが、放置することで余計に修理費用が高くなってしまう傾向が強く、簡単な部分からの水漏れであれば10000円以内で修理できることもあります。給湯器から水が漏れているのを発見した場合は、直ちにメーカーに連絡してください。