バランス釜の種火を消し忘れると危険?

バランス釜の種火を消し忘れると危険? 付けっぱなしによるデメリットとは?

 

このページでは、バランス釜の種火を消し忘れると危険かどうかについて記載しています。

 

バランス釜の種火を消し忘れると危険?

バランス釜の種火を消し忘れても危険ということはありません。風の流れで火が消えてしまってもガスが止まらないということはありませんし、過剰に熱を持つこともないです。

経年劣化の1つで「なかなか点火しない」という症状になった時、再点火するのが難しいということで種火を付けっぱなしにしている人もわずかですがいます。何かあった場合はエラーを出して運転が停止するので安心してください。

注意
ガスメーターでガス漏れの検知が作動する可能性があります。

 

バランス釜の種火を付けっぱなしにするデメリット

  • ガスを消費する
  • 電池を消耗する(電池式の場合)
  • 定期的な換気が必要になる

 

バランス釜の種火を付けっぱなしにすることは直接的な危険性には結びつかないものの、燃料費などのコストに悪影響を与えるため、省エネの観点からも種火はこまめに消すのがおすすめです。

種火を付けっぱなしにしていると定期的な換気も必要になります。そこで窓を開けっぱなしにしていると空気の流れで結局種火が消えてしまうことも十分に考えられるので、基本的に種火は消すのが望ましいでしょう。