給湯器リモコンの給湯温度の横に「H」が表示されました

給湯温度の横にアルファベットの「H」が表示 これって給湯器の故障?

 

このページでは、給湯器リモコンの給湯温度の横に「H」が表示される理由について記載しています。

MEMO
石油給湯器の貯湯式ユーザー向けの内容です。

 

給湯温度の横にアルファベットの「H」が表示される意味

高い温度から低い温度に下げると、給湯温度の横に「H」が表示されます。これは火傷に注意という警告です。設定温度が1~7で設定される給湯器は貯湯式と言って、給湯器の内部にお湯を貯めるタンクを持っており、その中に常にお湯を作っています。

例えばずっと設定7にした状態で給湯温度を1に下げた時、本来なら給湯温度が1で出湯されるのが望ましいのですが、給湯器の内部には既に設定7のお湯が作られていて、蛇口を開けると設定7のお湯が先に出湯されることになります。

これを知らない人がやってしまうと「設定1だと思ってお湯を使ったら、設定7のお湯が出てきた」ということになりかねません。そこで「設定温度よりも熱いお湯が出てくる時」には、設定温度の横に必ず「H」が表示されるようになっています。

 

給湯温度表示の前にHの表示

 

タンク内のお湯が設定温度通りになれば「H」は消える

この「H」の表示は時間経過によってタンク内のお湯の温度が低くなり、設定温度になったら自動的に消えます。

Hが表示されている時にお湯を使う際はくれぐれも注意していただき、あとは時間が経てば「H」の表示は消えるのでご安心ください。