ノーリツ給湯器エラー100|対震自動消火装置作動

ノーリツ製給湯器のエラー100は「耐震自動消火装置作動」のエラーです。

このページではエラー100の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

 

エラー100の内容

対震自動消火装置作動は給湯器本体が揺れや振動、衝撃を検知した際に出すエラーです。

 

エラー100の考えられる原因

地震、振動、衝撃の検知

給湯器本体が揺れたり、衝撃を受けたことでエラーが出た可能性があります。

強風程度で作動することは考えにくいですが、家の前を大きなトラックが通った等の衝撃で作動することはあるかもしれません。

 

耐震自動消火装置の故障

耐震自動消火装置自体が故障した可能性があります。部品自体は単純な構造の為、ただの経年劣化で壊れるケースは稀です。

水漏れによって耐震自動消火装置に水がかかってしまって故障したり、部品とコネクタの接続部分が錆び付いて腐食したりして故障するケースが多いです。

 

エラー100が出た場合の対処法

給湯器本体に異常がないか確認する

地震や大きな衝撃を検知してエラーを出した場合、給湯器本体に異変があるかもしれません。

外観を見て目立った外傷や破損がないか、給湯器から水漏れしていないかどうか等を確認してください。

 

操作リモコンの電源を入り切りし、エラーから復帰するかどうか確認する

エラー100はリモコンの電源入り切りで復帰します。もし復帰しないようであれば、コンセントプラグの抜き差しでエラーから復帰するかどうかを確認してください。

もしエラーが復帰しなければ耐震自動消火装置の故障が疑われるので、直ちにメーカーに連絡してください。

 

給湯器が振動燃焼していないかどうか確認する

エラー100から復帰したら、実際にお湯を出してみて「燃焼状態に異常がないか」を確認してください。

この時の以上は「黒煙が出ていないかどうか」や「給湯器に手を当てると振動を感じるほど揺れていないか」などです。

問題が無ければ、一時的に小さな揺れを感知した可能性があります。この場合は様子を見ながら使用してもらい、揺れがないのにエラー100が再発するようであればメーカーに連絡してください。