給湯器から熱いお湯しか出ない

給湯器から熱いお湯しか出ない 修理依頼する前に知っておきたい情報

 

このページでは給湯器の設定温度よりも熱いお湯しか出ないという症状について記載しています。

 

給湯器から熱いお湯しか出ない原因

  • ユーザーが蛇口を全開にしないで使用している
  • 給湯器の温度調整している部品の不具合

 

給湯器から設定温度以上の熱いお湯しか出ないという場合は、割と簡単に原因が見つかります。基本的には上記の2点です。判断するためには「蛇口を全開にした状態でどうなるかを確認する」のが手っ取り早い方法です。

ユーザーの中には洗面所の蛇口やシャワーの止水栓で出湯量を絞って節水しているという人がいます。そのような場合は大元のバルブや止水栓で出湯量を制限していないかどうかを確認してください。

洗面所を例にすると、洗面化粧台下のキャビネットに出湯量を絞る止水栓があることが多いので、ここが全開になっていない場合は全開にしてみてください。

注意
給湯器の温度調整不具合が本当に発生していた場合、高温のお湯が勢いよく出ることになるため、火傷しないように配慮して行ってください。

 

給湯器に問題がある場合に考えられる原因

給湯器内の温度調整を担当する部品

  • 水量サーボの故障
  • バイパス水量サーボの故障

 

給湯器がお湯を作るシステムは「高温のお湯を作ってそこに水を混ぜる」というものです。

この水を混ぜている部品をバイパス水量サーボと呼び、この部品の故障で水を混ぜられないという症状になれば「熱いお湯しか出ない」という症状になります。

 

もう1つの水量サーボは出湯量を絞って温度調整している部品です。給湯器は号数によって燃焼能力が異なるため、給湯器本体の能力に追いつかないほどの出湯量があると自動的に湯量を絞る仕組みになっています。

この部品が故障すると「出湯量が細くなる、出湯量が細くならない」という症状になるため、もし「蛇口で湯量を絞っていないし、エコスイッチも使用していないのに細い湯量になる」という場合は、この部品の故障の可能性が高いです。

 

熱いお湯しか出ない場合の修理費用

どちらか片方の交換であれば、出張料を含めて20000円以下になることが多いです。

ただし年数が経過している給湯器の場合、修理をしてもまた別の部分が故障してしまう可能性があるため注意してください。