給湯器をホームセンターで交換する場合の注意点

給湯器をホームセンターで交換する場合の注意点 ホームセンターで給湯器を買うと安い?

このページでは給湯器をホームセンターで交換する場合の注意点、ホームセンターで売られている給湯器が安いかどうかについて記載しています。

給湯器をホームセンターで交換する場合の注意点

一見すると安く見えるが細かくチェックする必要あり

新聞の折込広告でホームセンターのチラシが入っていることがあります。これを見ると「ホームセンターで売られている給湯器は安いのでは?」と思うユーザーが一定数存在するのですが、目先の価格表示だけじゃなくて注意深く情報を入手する必要があります。

  • 給湯器の種類、機種
  • 取付作業料(工賃)が含まれているかどうか
  • 給湯機本体以外の部材はどうなっているか

給湯器の値段そのものよりも機種に注目

コメリ - 給湯器カタログ

コメリ – WEBカタログ

給湯器には様々な種類が存在する上に、多くのユーザーは「自分の家で使っているタイプ以外をあまり知らない」ということが挙げられます。

「当たり前のように追い炊き機能や自動湯張り機能が搭載されていると思っていたら給湯専用タイプだった」ということも十分にあり得るため、給湯器の値段以外にも色んな項目をチェックしなければなりません。

交換工事費が価格に含まれているかどうか

給湯器は本体を購入して終わりではなく施工してもらって初めて使用できるようになる物なので、取り付け作業にも別途費用が発生します。

ホームセンターによっても変わりますが、チラシに掲載されている最も目につきやすい価格表示は本体価格であることが多く、その近くに交換工事費が別で掲載されていることが多いです。その交換費用を含めてもなお、まだ他の施工業者よりも安いかどうかは必ずチェックしましょう。

それからホームセンターのチラシに掲載されている交換工事費は、現場を実際に見ていない大体の値段提示となっています。高くなることはあっても安くなることはないという部分も注意が必要です。

その他の部材費、撤去費用について

最近の給湯器はリモコンが別売りになっているタイプが多いので、本体価格の他にリモコン代金が別途発生することがあります。また屋内タイプの給湯器の場合は、給湯器本体の交換に合わせて排気筒も交換しなければなりません。

このようにチラシだけでは推し量ることが難しい費用もいくつか存在するため、ホームセンターのチラシに掲載されている価格だけを見て決めるのはおすすめしません。これまでに使っていた給湯器の撤去費用、配管カバーや凍結予防ヒーターなどの部材費についても確認が必要です。

ホームセンターで給湯器を買うと安い?→比較が必要

地域によってはホームセンターが最安値というケースがあるかもしれません。これはユーザーがちゃんと比較検討する必要があります。給湯器を交換する場合は、実際に施工する現場を見てもらってからでなければ正確な見積書は出せませんし、現場調査してもらってから見積書を出してもらって検討することは基本です。

ホームセンターのチラシを見てそこに掲載されている金額だけを見て判断するのではなく、もしホームセンターに給湯器交換を依頼したいのであれば、実際に現場を見てもらって見積書を貰って比較検討してみてください。