給湯器を購入・交換する際の「工事保証」の重要性

給湯器を購入・交換時 確認したい「工事保証」の重要性

 

このページでは、給湯器を購入・交換する際の「工事保証」の重要性について記載しています。

 

給湯器に関する様々な保証

  • 給湯器使用開始から1年~3年の製品保証
  • 製品保証を5年~10年に延長する保証延長
  • それぞれに給湯器に設けられている例外的な保証
  • 施工に関する工事保証

 

給湯器の製品保証とは

給湯器には使用開始から1年~3年の製品保証があります。年数はメーカーや機種によって違いますが、いずれも早すぎる故障に対する保証であり、正しい使い方をしていることが条件です(天災や使用ミス、施工ミス等は対象ではありません)。

関連記事給湯器のメーカー保証って何年?

 

給湯器の保証延長とは

そして給湯器は毎日使用する物であることから「保証をもっと長くしたい」という人が大勢います。そういう人は給湯器の料金とは別にいくらかのお金を払うことで、この製品保証を5年~10年に延長することも可能です。料金はメーカーと希望延長年数によって変動します。

給湯器の施工業者が「10年保証を付けます」とアピールしてくることの多くは、これに加入する料金も給湯器交換の費用から出すという意味であることが多いです。

 

例外的な保証

給湯器自体の保証は1年~3年ですが、中の部品によっては使用開始から5年間保証されている部品等もあります。あとは部品自体の不具合(不良品)が確認された場合も、例外的に修理料金が発生しないということがあります。

 

給湯器を購入・交換する際の「工事保証」の重要性

工事保証とは施工に関する保証のことです。給湯器を交換する際は施工込みで考えることが多く、この施工方法に問題があるケースも少なくありません。例えば「排気筒を無理やり施工して角度が悪くなって燃焼不良を起こした」等の場合、メーカーとしても製品が悪いのではなく施工方法が悪いということで保証することはないです。

当然ユーザーに非はないため普通なら施工会社が責任を持つべきなのですが、このような当たり前のことをしない施工業者が多く存在します。ここで「工事保証」を掲げている業者であれば、万が一施工にミスがあった場合の保証も付いているので心配無用です。

MEMO

工事保証は一般的には当たり前のことのため、わざわざ言わない業者も少なくありません。もし給湯器交換の見積もりを依頼した際に工事保証のアピールが無い場合は確認してみるといいでしょう。