石油給湯器が灯油臭いのは故障?

石油給湯器が灯油臭いのは故障? 経年劣化と故障の見分け方

 

このページでは、石油給湯器から出るニオイ(灯油臭い症状)について記載しています。

 

石油給湯器が灯油臭いのは故障?

石油給湯器や石油ストーブは灯油を燃料にしているため、例え機械が新品の状態であっても灯油のニオイはします。ただし経年劣化でよくみられる症状として「灯油臭くなった」という症状があるのも事実です。

使用年数を重ねていくうえで徐々にニオイが強くなっていく傾向が強いため、ある日突発的に「急にニオイが強くなったように感じた」という場合は燃焼不具合等が起きている可能性もあります。

 

灯油臭い場合の経年劣化と故障の違い

屋外設置の場合はやや難しいのですが、屋内設置の場合は煙突から出る排気筒からのニオイではなく、給湯器本体の周辺が灯油臭いかどうかである程度分かります。

夏場に窓を開けていて、そこに給湯器の排ガスが入り込んできて灯油臭さに違和感を感じるという人は少なくありません。しかし給湯器を設置している洗面所やボイラー室が灯油臭いという場合は注意が必要です。

 

あとは排気筒周りが煤けていないか、煤が積もっていないかも重要な判断基準となります。ただしこの場合は経年劣化でも少しずつ黒く変色しているのが当然のため判断がやや難しいです。

その場合は給湯器が動作している時に排気筒や排気口から煤(黒い物体)が出ていないかを確認してください。給湯器内部ですす詰まりを起こしている場合は、排ガスと一緒にすすの一部が出ることが多いです。