お風呂の温度にムラがある

お風呂の温度にムラがある 考えられる原因と対策

 

このページではお風呂の温度にムラがあるという症状について記載しています。

 

お風呂の温度にムラがある原因

「冷たいというわけでもなく、ぬるいというわけでもない」という症状が出た時は、循環不良を疑いましょう。

お風呂は構造上、温かい水が浴槽上部に集まります。今の給湯器は浴槽の水を循環させてなるべく温度ムラが生まれないようにお風呂を沸かし上げるシステムが構築されているため、お風呂の上の方と下の方で明らかな温度差があるようであれば循環不良の可能性が高いです。

 

お風呂の温度にムラがある時の対策

循環フィルターの掃除

これまでは正常だったのにある日突然おかしくなったという場合は、循環ポンプの経年劣化やゴミ詰まりによる流量不足が疑われます。

単純に循環フィルターが汚れているという可能性もあるので、まずは循環フィルターを掃除してください。循環フィルターは網の部分だけ簡単に取り外せる物が多く、その奥まで取り外す必要はありません。

 

循環アダプターのフィルターお手入れ

 

循環フィルターに手を当てたときに流量を感じられるかどうか

正常な状態を知っていないと比較することは難しいですが、循環フィルターに手を当てると給湯器側から引っ張られる手応えを感じます。この手応えがしっかりある場合は循環アダプター(循環金具)に原因があることが多いです。

意外と循環アダプターが原因でお風呂の温度調整が上手くいかないケースが多く、この場合は給湯器のエラーも出ません。また、ある日突然このような症状になるということもあります。

もし新しい給湯器を取り付けた直後にこのような症状が出たという場合は、循環金具の極性が間違っていないかどうかを確認しましょう。循環アダプターはフィルター部分から浴槽の水を吸うのが原則です。

循環アダプターには極性の概念がない物もありますが、もし吸う方と出す方を間違って接続していると給湯器側にゴミが入り込んでいる可能性があります。

 

必要に応じて循環アダプターを交換

給湯器に原因がない場合は、循環アダプターの交換が必要になるケースもあります。基本的に割と新しい循環金具なら悪くなることは滅多にありませんが、古い型式の循環金具だと上手く循環できなくなってしまうケースが少なくありません。

施工状況によってはユーザー自身で交換することも可能です。業者に依頼する場合は給湯器メーカーよりもシステムバス、ユニットバスの製造メーカーや工務店に依頼した方がいいかもしれません。

関連記事循環アダプター(循環金具)の交換は素人でも可能?