入浴剤は使ってもいい?|給湯器への影響を解説

入浴剤は使ってもいい? 入浴剤が給湯器に与える影響を解説

 

入浴剤は使ってもいい?

入浴剤を全く使わないのと毎日使用するのとでは、給湯器の耐用年数に差が出てしまうのも事実です。その理由は「入浴剤を使わなければ発生しにくい故障」があるためです。

もちろん入浴剤を使わなければ必ず長持ちするとも限りませんが、入浴剤を使用するほど故障のリスクは高まってしまうのも事実です。しかし入浴剤を使って故障に繋がるリスクは、使用者の注意次第でいくらでも低くすることができます

 

使ってもいい入浴剤、給湯器に影響の少ない入浴剤

「ふろがまを傷めません」という記載のある入浴剤

入浴剤パッケージの使用上の注意の項目には「ふろがまを傷めません」や「イオウは入っていません」などの記述があります。ここで「ふろがまを傷めません」という記述がある入浴剤は、給湯器に対して影響の少ない入浴剤です。

入浴剤市場では「ふろがまを傷めない=イオウが使われていない」という意味合いで使われているようですが、イオウを使っている入浴剤の使用は御法度です。

給湯器の中で水がお湯に変わる部分は熱交換器と呼ばれ、主に銅で作られています。銅とイオウは化学反応を起こして銅を腐食させるため、イオウが使われている入浴剤は使わないでください

 

透明タイプの入浴剤

入浴剤の中には透明タイプとにごりタイプが存在します。透明タイプは給湯器に対して影響が少ない入浴剤です。

にごりタイプや乳白色の入浴剤は時間の経過と共に入浴剤成分が沈殿するため、この沈殿物が給湯器内部の部品に付着し、時間経過と共に固着することで「お風呂の温度がぬるい」などの症状に繋がる恐れがあります。

 

塩分の強いバスソルト

バスソルトの中にも塩分の強い入浴剤がありますが、これもイオウ同様に銅と化学反応を起こして腐食してしまう恐れがあります。

イオウを使っている入浴剤ほど大きな悪影響はありませんが、バスソルトの使用後は速やかに配管洗浄を行うことをおすすめします。

 

炭酸入浴剤の追いだきは発泡が終わってから

炭酸入浴剤の場合、粉末や錠剤を入れると発泡します。この状態で追いだき動作をしてしまうと、循環ポンプの中に空気が入って大きな音や異音の原因になる恐れがあります。

炭酸入浴剤を使用する場合は、発泡が終わって落ち着いてから追いだきをするようにしてください。

 

お風呂配管のメンテナンス

普段はふろ配管クリーン機能を利用

給湯器にふろ配管クリーン機能があるなら、入浴後にふろ配管クリーン機能を使用することがお風呂配管のメンテナンスに繋がります(過信は禁物ですが)。

入浴剤を使用したお湯を追いだきをしてしまったとしても、その日のうちに浴槽の水を抜いてふろ配管クリーン機能を使えば、入浴剤成分の混じったお湯を押し出してくれます。

全自動タイプならお風呂の栓を抜くだけで自動的に行ってくれますし、自動タイプなら手動のリモコン操作で行ってください(ふろ配管クリーン機能の方法は取扱説明書に記載されています)。

関連記事給湯器の追いだき配管クリーニング機能って必要?

 

市販のふろがま洗浄剤を使用して定期的にメンテナンス

ふろ配管クリーン機能は配管内を掃除する機能ではなく、あくまで「給湯器内や追いだき配管内に残っているお風呂の残り湯を排水するための機能」です。お風呂掃除をするときにシャワーをかけただけでは掃除にならないのと同じく、ふろ配管クリーン機能を過信しないようにしましょう。

入浴剤を毎日使用しているという方は、ふろ配管クリーン機能と併用しながら月に1回か2ヶ月に1回程度で結構なので「市販のふろがま洗浄剤」を使うことをおすすめします。

関連記事市販されている配管洗浄剤の1つ穴用と2つ穴用の違いがわかりません

 

循環アダプターの掃除は毎日行うこと

浴槽内に設置されている循環アダプターのフィルターは、毎日ブラシなどを使って掃除するように心掛けてください。

循環フィルターにゴミが詰まってしまうと、お風呂が設定温度通りに沸き上がらなくなってしまったり、エラー632の原因になります。

循環フィルターは種類にもよりますが、ビスで止められているタイプの場合はビスを排水口に落とさないように気をつけてください。

 

 

追いだきしなければ気にしなくてOK

給湯器への影響を考えて使えないというユーザーも多いと思いますが、基本的には追いだき動作をしなければ給湯器内部に入浴剤成分が入ってしまうことはありません

どうしても試したいにごり系の入浴剤があるという場合は、追いだきを我慢すれば使用しても問題ないです。