お湯張りをした時にお湯が出たり止まったりするのは正常動作

ふろ自動でお湯が出たり止まったり… これは正常動作!

 

このページでは、お湯張りをした時に循環口から出てくるお湯が出たり止まったりする症状について記載しています。

 

お湯張りが途中で止まるのは故障?

ふろ自動ボタンを押してそのまま待ち、お風呂が沸いたメッセージが流れたのにもかかわらず「湯量がおかしい/お湯がぬるい」という場合は故障の可能性があります。

しかし、お湯張りボタンを押した直後にお湯が止まったという場合は、不具合でないことが多いです。そのまま黙って待っていて、1分~2分後にお湯張りは再開されるはずです。

 

循環判定

 

お湯張りが止まったり出たりするのはなぜ?

ふろ自動ボタンを押してお湯張りをすると、設定湯量までずっとお湯が出続けるということはなく何度か停止します。これを循環判定と言います。

各家庭にもよりますが、お風呂には大体200リットル前後のお湯を張ります。しかし中にはお風呂の栓をし忘れてしまう人もいることでしょう。この時、循環判定がなければ200リットルを丸々捨ててしまうことになりかねません。

給湯器は循環アダプターの上までお湯を張った頃にお湯張りを一旦停止し、次にポンプを回します。この時、ポンプに水がこない時は「もしかして栓をし忘れているのでは?」ということで、エラーを出して停止します。この時のエラーは大体632です。

 

その他にも浴槽が空の状態からお湯張りが行われているのか、残り湯がある状態からお湯張りが行われているのか等の判断のためにも、何度かお湯は出たり止まったりを繰り返します。

循環判定の場合は1分~2分程度お湯が停止することはありますが、そのまま待っていればお湯張りが再開するので問題ありません。もしお湯張りが再開しない場合はエラーを出すので、その時はメーカーに連絡してください。