給湯器の経年劣化のサイン・前兆

給湯器の経年劣化のサイン・前兆 交換時期を検討するタイミング

 

このページでは給湯器の経年劣化のサイン・前兆について記載しています。

 

給湯器の経年劣化のサイン・前兆

  • 給湯器のリモコンにエラーが出る(電源の入り切りで使用可能になる)
  • 給湯器が燃焼動作中の音が大きい、変な音がする
  • 給湯器から出るお湯の温度が熱くなったりぬるくなったり安定しない
  • お湯にならないことがある
  • 給湯器から水漏れがある
  • 給湯器の外装部に錆び、経年劣化が見られる
  • 排気筒周辺や排気口周辺が黒く変色している

 

上記のいずれかの症状が出ている場合、お使いの給湯器は経年劣化している可能性があります。特にエラー表示については電源の入り切りで使えているうちは気にしないというユーザーも多く、完全に故障してから慌ててしまうことが珍しくありません。

温度調整の不具合はその他の水栓から水が逆流なども考えられる症状で、水栓の逆止弁などが劣化している可能性もあります。いずれにしても早期発見することで修理か交換かを検討する時間と余裕ができるため、上記7点の項目をチェックしてみてください。

 

そしてもし「エラーが出てることがあるけど電源の入り切りでお湯が使えているから気にしていなかった」という人は、せめてそのエラーが何のエラーかだけは知っておくことをおすすめします。

 

給湯器の機器寿命は10年

給湯器の機器寿命は1日1時間の使用で10年を目安に作られています。これはあくまで目安ですが、毎日お風呂に入るという人は1日1時間以内の使用で済んでいるという人ばかりではありません。

使い方、地域の水質、そしてあまり大きな声では言えないものの機械の当たりはずれもあるでしょう。7年を超えた機種が高額修理になってしまうようであれば、思い切って新しい給湯器に交換することをおすすめします。

関連記事給湯器の寿命・耐用年数は10年