給湯器の部品の保有期間

給湯器の部品の保有期間 部品が取れなくなるのはいつ?

 

このページでは、給湯器の部品の保有期間について記載しています。

 

給湯器の部品の保有期間

ノーリツの部品保有期間

部品はどれくらい保有していますか。

 

上記はノーリツ公式ホームページに掲載されている、給湯器の補修用性能部品の保有期間を表した一覧表です。BL認定品の給湯器は給湯器本体の製造中止から10年ですが、その他は10年未満の保有期間となっています。

実際は上記の表とも若干の隔たりがあり、各給湯器の取扱説明書に明示されているので気になる方は取扱説明書でご確認ください。

 

補修用性能部品とは

給湯器の部品は主に「整備用部品」と「補修用性能部品」に分かれます。

簡単に言うと整備用部品は安全性を確保するために必要な部品で、点火プラグやイグナイタなどの点火装置、安全装置等が該当します。

補修用性能部品は製品の性能を維持するための部品で、基本的には整備用部品以外がこちらに該当します。

 

機種によっては10年以上製造され続けることも

ここで重要なのは、どちらの部品も「給湯器本体の製造が終わってから」の話です。給湯器は少しずつ研究を重ねることで徐々にバージョンアップしていきます。

優秀な機械であれば10年経ってもなお現役機種というケースもあり、この場合は部品が無くなる心配は杞憂で終わることが多いのですが、中には短命な機種も存在します。

もし3年で製造が打ち切られてしまった機種を使っていたとしたら、最悪の場合10年目にはもう部品がないということもあり得るわけです。

給湯器の寿命は7年~10年であり、10年使えて当然というものではありません。10年を超えるような機械の場合は、本体交換を視野に入れて検討することをおすすめします。

関連記事給湯器の寿命・耐用年数は10年