灯油タンクのメンテナンスを怠ってはいけない理由

灯油タンクのメンテナンス 怠ってはいけない理由とは?

 

このページでは、灯油タンクのメンテナンスを怠ってはいけない理由について記載しています。

 

灯油タンクのメンテナンスを怠ってはいけない理由

石油給湯器ユーザーであればお家に灯油を保管しておくタンクがあるはずです。灯油タンク、オイルタンク、ホームタンクなど呼び方は様々ですが、この灯油タンクにも定期的なメンテナンスが必要だというのはご存知でしょうか?

灯油タンクは内部で結露します。その結露が少しずつ溜まっていき一定量を超えると、石油給湯器をはじめとする石油機器の燃料通路部に水が入り込んでしまうのです。本来灯油しか通らない部分に水が通ってしまうと、それだけで機器の故障に繋がりかねません。

石油給湯器では燃焼不具合、エラーで言えば110や120が出るような内容の不具合になります。

関連記事給湯器の結露が故障に繋がるケース

 

灯油タンクのメンテナンス方法

  • 外装部に錆びや腐食がないかを確認する
  • 定期的に水抜きを行う

 

灯油タンクのメンテナンスは主に上記2点です。

外部に錆びや腐食があるとそこから雨水が侵入する可能性があるので、屋外に設置されている場合は特に注意しましょう。屋外設置型の給湯器でも15年くらいの使用年数になると外装部がボロボロだったりしますが、灯油タンクも30年前後が耐用年数と言われており、一生使えるというものではありません。

そして内部の結露は完全に防ぐことが難しいため、定期的に水抜きをする方法が有効です。水抜きは灯油タンクの取り扱いをしている業者に依頼すればやってくれます。市販されている水抜き剤を使用するのも有効です。