ノーリツ給湯器エラー120|燃焼制御装置異常(途中炎非検知)

ノーリツ製給湯器のエラー120は「燃焼制御装置異常(途中炎非検知)」のエラーです。

このページではエラー120の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

 

エラー120の内容

燃焼制御装置異常(途中炎非検知)とは最初の点火は上手くいくものの、何らかの原因によって途中で火が消えてしまう場合のエラーです。

 

エラー120の考えられる原因

灯油切れ、灯油の劣化

灯油タンクが完全に空になっている場合はエラー110になりますが、無くなりかかっている場合にエラー120を出すことがあります。

灯油に少しの水が混ざっているという場合、一定の純度を下回るとエラー120を出すことがあります。

 

燃料通路部の不具合

電磁ポンプの故障やノズルの詰まりによって、灯油が正常に噴出されていない可能性があります。直ちにメーカーに連絡してください。

 

燃焼部の不具合

バーナーの故障や点火装置の故障が考えられます。直ちにメーカーに連絡してください。

 

酸欠状態での燃焼

給湯器の燃焼に必要な酸素が確保できず、不完全燃焼を起こしている可能性があります。

この場合はメーカーに連絡するのではなく、施工店に連絡した方がいいかもしれません。

 

エラー120が出た場合の対処法

灯油タンクに灯油が入っているかどうかを確認する

灯油タンクに灯油残量があるかどうかを確認してください。なければ灯油業者を呼んで灯油を補充してください。

灯油を切らしてしまった場合は、空気抜きを行わないとエラー120が解消されません。空気抜きの方法は取扱説明書に記載されています。

 

空気抜きの方法

 

灯油配管内に空気が入ってしまった場合、何度も動作させると電磁ポンプが大きな音を上げることがあります。これはポンプが空回りしている音です。何度も繰り返すとポンプの故障に繋がる可能性があるので注意してください。

 

灯油に水が混入していないかどうかを確認する

灯油残量があってもその中に水が混入しているという場合は、正常な灯油が給湯器に供給されていない可能性があります。状況に応じて、オイルタンクのメンテナンスをしてください。

 

お手入れ(オイルタンク)