ノーリツ給湯器エラー121|給湯立ち消え安全装置作動(炎非検知)

ノーリツ製給湯器のエラー121は「給湯立ち消え安全装置作動(炎非検知)」のエラーです。

このページではエラー121の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

エラー121は給湯側、エラー122は風呂側、エラー123は暖房側の給湯立ち消え安全装置作動(炎非検知)のため、内容としては同様です。

 

エラー121の内容

給湯立ち消え安全装置作動(炎非検知)とは最初の点火は上手くいくものの、何らかの原因によって途中で火が消えてしまう場合のエラーです。

火は消えなくても、それを検知できていないケースもあります。

 

エラー121の考えられる原因

十分なガスが供給されていない

ガス配管などの腐食や詰まりのせいで、燃焼の維持に十分なガスが供給されていない可能性があります。

 

ガス通路部の不具合

ガス電磁弁の故障やノズルの詰まりによって、ガスが正常に噴出されていない可能性があります。

 

燃焼部の不具合

バーナーの故障や点火装置の故障が考えられます。

給湯器の使用年数が経過している場合は、熱交換器が詰まっている可能性があります。

 

酸欠状態での燃焼、排気閉塞

給湯器の燃焼に必要な酸素が確保できず、不完全燃焼を起こしている可能性があります。

この場合はメーカーに連絡するのではなく、施工店に連絡した方がいいかもしれません。

 

エラー121が出た場合の対処法

設置状況に問題がないかを確認する

給湯器を囲っている場合、ちゃんと排気が外に出ているかどうかを確認してください。

 

原因不明の場合はメーカーに連絡する

設置状況に問題がない場合は、直ちにメーカーに連絡してください。