凍結予防にはリモコンの電源を入れっぱなしにしなきゃだめ?

給湯器の凍結予防 リモコンの電源は入れっぱなしにしなきゃだめ?

 

このページでは、凍結予防のために給湯器のリモコンの電源は入れっぱなしにする必要があるのかについて記載しています。

 

給湯器内部の凍結予防

一定の気温を下回って凍結の恐れがある時、給湯器の内部では以下の3つの凍結予防が動作します。

  • 凍結予防ヒーター(主に水が通るパイプや部品に搭載)が部品を温めます。
  • ファンモータが働いて、機器内の冷たい空気を外に出します。
  • 循環ポンプが働いて、ふろ配管の水が凍結するのを防ぎます。

 

リモコンの電源は入れっぱなしじゃないとだめ?

給湯器内部の凍結予防は、電源プラグが入っているだけで動作します(コンセントには通電している必要があります)。操作リモコンの電源を入れておく必要はありません。

貯湯式給湯器を使用している方は寝る間も設定温度を1や2にして使用している方が多いようですが、後述している「操作リモコンの電源を切った状態でお湯の蛇口を開けっ放しにする方法」がおすすめです。

 

特に寒い日は通水による凍結予防がおすすめ

通水による凍結予防

 

大寒波の日の夜は、上記のような作業を行うことがおすすめです。水は動きがあると凍りにくい性質を利用した凍結予防です。

お水は無駄にしてしまうと勿体ないので、浴槽に貯めて追い炊きして使う等してください。これでも不安な場合、あるいは数日間家にいないという場合は水抜きを行ってください。