ノーリツ給湯器エラー173|暖房回路漏水検知(少量)

ノーリツ製給湯器のエラー173は「暖房回路漏水検知(少量)」のエラーです。

このページではエラー173の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

 

エラー173の内容

暖房回路漏水検知(少量)とは、暖房回路のどこかで暖房水漏れしている時に出すエラーです。

ノーリツ製のガス暖房機には、暖房水が不足した際に自動で水を補給する機能がありますが、これが頻繁に行われるとエラー173を出します。

多量漏れの場合はエラー543が表示されます。

 

エラー173の考えられる原因

暖房回路のどこかから暖房水が漏れている

給湯器内部や暖房端末、暖房配管のいずれかで暖房水が漏れている可能性があります。

 

本体に給水未接続、設定ミス

暖房専用ボイラーを使用している場合、給水を繋がずに「暖房水不足→水を補給できない」という状況が多いです。給水を繋がないのであれば設定が必要になりますが、その設定に誤りがある可能性があります。

給湯暖房機を使用している場合も、給水の補給を遮断しているケースがあります。

 

エラー173が出た場合の対処法

暖房水の漏れがないかどうかを確認する

目に見える範囲で構わないので、ボイラー本体から漏れがないか等を確認してください。

漏れがあった場合は、直ちにメーカーに連絡してください。

 

不凍液を補充する

暖房回路で漏れがある場合は、暖房水(不凍液)を補充しても根本的な解決にはなりません。しかし「給水未接続、設定ミス」の場合は、不凍液を補充することでエラーから復帰する可能性があります。

ただし不凍液の補充はユーザーのスキルや機種によって難度が変わるため、自身で出来ない場合はメーカーに連絡してください。

不凍液を補充した後、操作リモコンの電源入り切りでエラー表示が消えない場合は、給湯器本体のコンセントプラグを抜き差ししてエラー表示をリセットしてから動作確認をしてみてください。

 

不凍液の補充が難しい場合

直ちにメーカーに連絡してください。施工してから1年以内の場合は、施工店に連絡した方がいいかもしれません。