ノーリツ給湯器エラー610|燃焼用ファン異常

ノーリツ製給湯器のエラー610は「燃焼用ファン異常」のエラーです。

このページではエラー610の内容、考えられる原因、対処法について紹介します。

エラー611は給湯側、エラー612は風呂側、エラー613は暖房側の燃焼用ファン異常なので、内容としてはエラー610と同様です。

 

エラー610の内容

燃焼用ファン異常とはファンモータの出力低下など、ファンモータに異常が見られる時に表示されるエラーです。

ファンモータとは燃焼に必要な空気を取り込み、燃えた後の排ガスを外に排出するために送風する部品です。

 

エラー610の考えられる原因

  • ファンモータそのものが故障している可能性があります。
  • 基板が故障している可能性があります。
  • 排気筒や排気口に詰まりや障害物があり、排気ガスが排出されていない可能性があります。
  • 強風によりファンモータに一時的に負荷が掛かっている可能性があります。

 

エラー610が出た場合の対処法

排気筒や排気口に詰まりがないかどうか確認する

排気筒や排気口の出口は、なるべく異物や生物が混入しないような構造になっていますが、一部に破損があったりすると詰まりの原因になる場合があります。

また、鳥やコウモリなどの小さい生物が侵入する可能性もあります。

場合によっては排気筒が潰れて変形している場合もあるので、外観上に何か問題がないかどうかを確認してください。

 

一時的な強風の可能性を考える

台風が来ている時など、一時的な強風の負荷が掛かってエラー610に繋がっているケースもあるため、風が弱い時でも同様のエラーが表示されるかどうかを確認してください。

エラーが再発しなければ、そのまま様子を見ながら使用してOKです。復旧しない場合は直ちにメーカーに連絡してください。