給湯器の騒音対策

給湯器の騒音対策 給湯器の音を抑えるために試したいこと

 

このページでは給湯器の騒音対策、給湯器がうるさい時の対処法について記載しています。

 

給湯器の騒音対策

給湯器の燃焼音がうるさい場合

給湯器の燃焼音がうるさい場合は、経年劣化による燃焼不具合や不完全燃焼等の可能性があります。燃焼部品の交換やオーバーホールによって音を小さくすることができるかもしれません。

取付してから間もないという場合は施工不良の可能性もあります。この場合は直ちに施工店に連絡してください。

関連記事給湯器が不完全燃焼している時の症状

 

給湯器のポンプ動作音がうるさい場合

ふろ機能、暖房機能を有する給湯器において配管内に詰まりがある場合は、給湯器のポンプ動作音が大きくなる場合があります。この場合はふろポンプなら追い炊きやふろ自動、暖房ポンプなら暖房機能を使用した時のみ音が発生することになります。

ポンプにはエラーコードも搭載されていますが、負荷の程度によってはエラーを出さないことも考えられるため、ポンプの動作音がうるさいという場合はメーカーに連絡することをおすすめします。

 

もし冬期間の寒冷地においてポンプの音(凍結予防)がうるさいという場合、浴槽に水を張ることでポンプの動作音が軽減されることがあります。

関連記事冬の寒い時期は浴槽に水を貯めた方がいい理由

 

石油給湯器ユーザーで給湯器の騒音に悩んでいる場合

石油給湯器の場合、床置きタイプの給湯器を使用している場合は壁掛けタイプに変更することで騒音から解放されることがあります。

石油給湯器の壁掛けタイプは気化式バーナーを採用しているケースが多く、灯油をガス状にして燃焼しているため、燃焼音が非常に静かです。直圧式の石油給湯器を使用していて騒音に悩んでいるという場合は、壁掛けタイプへの変更を考えてみてください。

関連記事壁掛けタイプと据え置きタイプの違い|メリットとデメリット

 

もし既に壁掛けタイプを使用しているのに騒音に悩まされているという場合、あるいはセミ貯湯式の石油給湯器を使用しているという場合は、ノズルが詰まっていたり燃焼状態が良くない可能性があります。

年数が経っている場合はオーバーホールをしても応急処置のようなカタチになってしまうことが考えられますが、熱交換器やバーナーの清掃をするだけでも騒音が抑えられる可能性があるので、一度メーカーサービスに相談してみることをおすすめします。