給湯器が不完全燃焼している時の症状

このような場合は注意! 給湯器が不完全燃焼している時の症状

 

このページでは、給湯器が不完全燃焼している時の症状について記載しています。

 

給湯器が不完全燃焼している時の症状

においが強い

給湯器が燃焼すると石油給湯器の場合は灯油のにおいがしますし、ガス給湯器の場合はガスのにおい(厳密に言うとガスのにおいとはまた違うにおい)がします。

これは新品の状態でも多少はにおいがするのですが、不完全燃焼している状態のにおいは非常にきついです。ガス給湯器なら目に染みるようなこともありますし、鼻水が止まらなくなることもあります。

 

黒煙が出る

主に石油給湯器が不完全燃焼した時に多い症状ですが、ガス給湯器でも灰色のような煙が出ることがあります。寒い時期の白い煙(水蒸気)以外で排気に色が付いた状態は、給湯器に何かしらの不具合が生じていることを疑うべきでしょう。

関連記事給湯器から黒煙が出ている時に給湯器内部で起こっていること

 

給湯器の燃焼音が大きい、燃焼音がおかしい

給湯器が酸欠状態になると「バフッバフッ」という音を立てながら燃えるケースがあります。大抵は強烈なにおいや黒煙を伴っていることが多いですが、このような音が確認できた場合は直ちにメーカーを手配してください。

それ以外にも「ブーン、ブオーン」という音を立てながら燃えている場合は、ファンモータの動力低下による酸欠の可能性があります。ファンモータが経年劣化した場合に必ずしもエラーを出すとは限らないため、エラーがなくてもブーン音が大きい場合は修理・点検依頼することをおすすめします。

関連記事給湯器からブーン、ブオーンという大きい異音が聞こえる

 

不完全燃焼の原因

経年劣化

不完全燃焼の原因として最も多いのが経年劣化です。熱交換器やバーナーの詰まりによって排ガスが排出されにくくなっているときによく起こります。

関連記事給湯器が故障する前兆に多い症状

 

施工不良による酸欠

新しい給湯器が不完全燃焼を起こす場合は、ほとんどが施工不良です。特に「屋外給湯器を変に囲ってしまって酸欠状態になる」というケースが非常に多いため、給湯器の交換業者を検討する場合は工事保証のある施工業者に依頼することをおすすめします。